昨今、不妊治療にはさまざまな技術が開発されていて、一昔前までは妊娠出産が難しかったようなケースでも、いまではそういった悩みを持つ多くの女性が、妊娠出産をすることができるようになっています。

この妊娠出産において、昨今大注目を集めているのが、新型出生前診断(NIPT)と着床前診断という検査方法です。

この2つの検査方法の登場によって、妊娠出産の中でも、とりわけ高齢出産の領域において、画期的な進歩をすることができるようになりました。

着床前診断とはどのようなものか

では、着床前診断は、どのようなもので、その検査でわかる事はどのような事なのでしょうか。

着床前診断は、不妊治療をして体外受精するために取り出した精子と卵子を受精させ、受精卵を作ったとき、その受精卵に染色体の異常がないか、子宮に戻す前に検査して、以上のない受精卵だけを戻すということができます。

受精卵の段階で染色体異常がある場合、子宮内に戻しても着床しなかったり、着床しても胎児としての成長が止まって、流産になってしまうということになります。

受精卵の異常は、直接流産や胎児発育不全の要因になるのですから、受精卵を戻したとしても無駄になってしまいます。

そのリスクを、着床前診断で取り除くことができるのです。

新型出生前診断(NIPT)とはどのようなものか

一方、新型出生前診断(NIPT)とはどのようなものなのでしょうか。

新型出生前診断(NIPT)とは、母体側の血液を検査して、母体内にいる胎児の状態を知る検査です。

この新型出生前診断(NIPT)は、妊娠した胎児が、染色体異常やその他の異常がないかを、少量の血液採取でできるとして、大変安全な検査方法として昨今人気があります。

また、その検査結果においても、かなりの確率の精度であり、胎児の状態を高確率で確実に知ることができる検査として知られています。

新型出生前診断(NIPT)は、従来の羊水検査や絨毛検査とは比較にならないくらいの信頼度の結果があるため、不妊治療で妊娠した、高齢出産の年齢になるという女性から多くの支持を集めています。

以前であれば、妊娠することが難しかったようなケースでも、昨今の医療技術、不妊治療の技術の進歩によって、かなり妊娠率が高くなってきているという背景があります。

また、晩婚化によって、出産年齢も年々上昇し、高齢出産するという女性が当たり前に周囲に存在するようになっています。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。