妊娠すると気になるのが、お腹の中の赤ちゃんに異常がないかどうかではないでしょうか。

特に高齢出産などになると、そういったリスクが高くなる傾向にあるため、出生前診断というキーワードが頭に浮かぶ人も多いようです。

その出生前診断の中に、絨毛検査と羊水検査があります。

この2つの検査、どう違って、どのようなことがわかるのでしょうか。

絨毛検査とは?

絨毛検査は、超音波で胎盤の位置を見ながら、子宮頸部、もしくは腹部から絨毛を採取して、培養した胎児の細胞を検査することによって、胎児の染色体異常の有無を確認する検査です。

絨毛を採取することができれば成功する検査のため、羊水検査のように針を深く差すわけではなく、比較的安全な検査方法だということがいえるでしょう。

また妊娠10〜12週で受けることができるので、比較的早い段階で胎児の染色体異常を発見できるとして検査を受ける人が増加しています。

羊水検査とは?

検査としては、絨毛検査よりも羊水検査の方が広く一般的に知られている検査だということができます。

羊水検査は、羊水の中に浮かんでいる胎児の細胞を採取する検査となります。

羊水中の胎児由来の細胞などを検査し、胎児に染色体異常がないかどうかを検査するものです。

羊水を採取するわけですから、ある程度羊水がある状態での検査となり、絨毛検査よりも数週間遅れてから行う検査となります。

羊水検査で知っておかなければならないことは、やはり子宮内まで針を刺して羊水を採取することから、流産や感染症の危険性がぬぐいきれないという事です。

こうしたリスクを理解したうえで検査にのぞむことが重要です。

絨毛検査と羊水検査の費用

では、この2つの検査、絨毛検査と羊水検査は、費用の面でどのような差があるのでしょうか。

絨毛検査と羊水検査はどちらも保険適用外の検査であるため、ある程度の費用が必要となります。

まず絨毛検査にかかる費用としては、一般的には20万円ほどになることが多いようです。

初期胎児ドッグを組み合わせて受けるという人が多いため、初期胎児ドッグの費用も加算して考慮される場合が多くなります。

一方で、羊水検査にかかる費用は、15万円前後だといえるでしょう。

妊活サプリ 先輩ママが飲んでいた人気ランキング

1位:オールインワン妊活サプリ マカナ



マカナは、2016年に新発売された最新の妊活サプリで、なんといっても妊活に必要な成分をすべて含んでいるのが大きな特徴です。

さらに、使用しているマカは国産無農薬マカ100%で安心・安全。

葉酸や鉄分、不妊症に良いとされるビタミンEなど妊活に必要な成分がすべて含まれているので、あれもこれもと飲む必要がありません。
飲むサプリを一つに絞りたい方にはこちらのマカナがおすすめです。

マカナを飲んだ私の体験談はこちらです。

2位:ママニック葉酸サプリ



ママニックは吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を推奨量400μg配合した葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、カルシウム・ミネラル・ビタミン・アミノ酸が29種類と最大限バランスよく配合されています。
放射能検査も行っているので安心!

ママニック葉酸サプリを飲んだ私の体験談はこちらです。



3位:国産マカ100%使用!full-me MIUフルミーマカ



フルミーマカは国産無農薬のマカを100%使った妊活サプリです。
高吸収で飲みやすいソフトカプセルを採用なので、妊娠後も飲みやすいのがいいですね。

フルミーマカを実際に飲んだ私の体験談はこちらです。